TVアニメ『つくもがみ貸します』PV第1弾&キャラクター設定が公開

2018.03.25 <PASH! PLUS>

PVにはつくもがみが縦横無尽に駆け回る姿が!

 3月24日に開催されたAnimeJapan2018内でTVアニメ『つくもがみ貸します』のPV第1弾、キャラクター設定が公開された。

tsukumogami_01

 原作は、畠中 恵さんの小説『つくもがみ』シリーズ。江戸の町を舞台に、一種の妖となった古道具たち“つくもがみ”と、人間たちとが織り成す悲喜こもごもの物語だ。

 PV第1弾では、損料屋・出雲屋を切り盛りする清次、お紅の姉弟はもちろん、縦横無尽に駆け回るつくもがみの姿や、情緒溢れる江戸の町並みを見ることができる。

清次、お紅、佐太郎のキャラクター設定公開

■清次(CV.榎木淳弥)

 出雲屋を姉のお紅とともに取り仕切る青年。人情家で頭の回転も速く、町の人々からも可愛がられている。

 ただ押しが弱く、優しすぎるきらいがあり、店の品物であるつくもがみたちから、からかわれることもしばしば。血の繋がらない姉弟であるお紅のことがとかく気になるようで……。

tsukumogami_06

■お紅(CV.小松未可子)

 弟の清次とともに店を切り盛りする出雲屋の看板娘。美しい外見と、明るくきっぷのいい性格で老若男女を問わず人気がある。

 弟の清次に対してはやたらと厳しく振る舞いがち。しかしなんだかんだで、清次のことを頼りにしており、心を許している。

tsukumogami_04

■佐太郎(CV.櫻井孝宏)

 有名な商家である飯田屋の若旦那。容姿端麗かつ気立てのよい男で、お紅に好意を寄せており、求婚までしていたが、ある日突然、お紅の前から姿を消してしまう。

tsukumogami_05

イントロダクション

 江戸は深川、仲町で損料屋・出雲屋を営む、お紅と清次という姉弟がいた。

 損料屋というのは、日用品から骨董品、そして美術品とありとあらゆる品をいくらかで客に貸し出す商いのこと。

 ただこの出雲屋が取り扱う道具たちが、他の店のものと一味も二味も違うのは、作られてから百年以上が過ぎ、魂を宿した“つくもがみ”という一種の妖のようなものになってしまっているところ。

 お客の元に貸し出されては、いろいろな話を聞いて来て、噂話を繰り広げる“つくもがみ”たち。人が良く情け深いお紅と清次は、そんな“つくもがみ”たちの力を借りながらこの町で起こる大小さまざまな騒動を解決していく。

 江戸の町に花開く“つくもがみ”と人間たちとが織り成す悲喜こもごもの人情噺、骨の髄までとくとご堪能あれ―――。

tsukumogami_02

DATA
■TVアニメ『つくもがみ貸します』

tsukumogami_03

公式サイト:http://tsukumogami.jp/
公式Twitter:@tsukumogami_tv

ON AIR:
NHK総合テレビで2018年7月から毎週日曜24:10~放送予定
(関西地方は日曜24:50~)
※放送日時は変更になる場合があります。

STAFF:
原作:畠中 恵(角川文庫/KADOKAWA刊)
監督:むらた雅彦
シリーズ構成:下山健人
キャラクター原案:星野リリィ
キャラクターデザイン:谷野美穂・吉沼裕美
美術監督:村本奈津江
色彩設計:岡 亮子
撮影監督:蒲原有子
音響監督:えびなやすのり
音楽:佐藤五魚
制作:トムス・エンタテインメント
アニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム

CAST:
清次:榎木淳弥
お紅:小松未可子
佐太郎:櫻井孝宏

©2018 畠中恵・KADOKAWA/つくもがみ製作委員会