TVアニメ『ゴールデンカムイ』”ジャンプフェスタ2018”ステージイベントのレポートが到着

2017.12.25 <PASH! PLUS>

杉元佐一役・小林親弘とアシ(リ)パ役・白石晴香が原作のお気に入りシーンを語る!

 2018年4月から放送が開始されるTVアニメ『ゴールデンカムイ』のステージイベントが、12月16日・17日に幕張メッセで開催の“ジャンプフェスタ 2018”で実施された。

kamuy_001

 登壇したのは、TVアニメメインキャストの小林親弘さん(杉元佐一役)と白石晴香さん(アシ(リ)パ役)、原作編集者の大熊八甲さん。会場に集まった大勢の観客を前にした小林さんは、開口一番「緊張しています」とイベントに臨む心境を告白。一方の白石さんは「白石役の……なんて冗談は置いておいて」と自己紹介を切り出し、観客の笑いを誘うひと幕も。本作にとって初のステージイベントは、そんな対象的なキャストの第一声で幕を開けた。

 登壇者の紹介が終わると、いよいよトークショーがスタート。元々原作コミックの愛読者だったという小林さんは、PVを初めて観たときの感想を聞かれて「感動しました!」と興奮気味にコメント。白石さんも「作画が素敵で流れている音楽もすごく格好良かったので、この映像にセリフを入れられると思うとドキドキ感で一杯でした!」と語り、二人の発言からは映像の仕上がりに対する強い手応えを感じられた。

kamuy_003

 さらに大熊さんは作中の動物や広大な自然も手を抜かずに映像化しようとするスタッフの熱意を讃え、「期待してください。見どころはすべてです!」とアピール。関係者からの賞賛の声に、観客の期待も大きく膨らんだことだろう。

 場の雰囲気が温まったところで、トークは原作のお気に入りシーンの話題に。まずは小林さんが「扉絵だとアシ(リ)パとアザラシが協力して戦っていたのに、実際にはアシ(リ)パがアザラシを殴っていたシーン」と答え、会場が大きな笑いに包まれる。

kamuy_004

 続いて白石さんは、杉元の死を想像したアシ(リ)パが泣き顔になって「死ぬな杉元ッ!!」と叫ぶシーンをセレクト。「普段のアシ(リ)パは凜としているけれど、やはり女の子なんだなと思います」と、自身が抱くアシ(リ)パの印象についても語ってくれた。二人のお気に入りのシーンがアニメにも登場するのか、原作ファンならずとも気になるところだ。

 イベントの中盤では、原作者である野田サトル先生からのメッセージも紹介された。スタッフから杉元役の声優について希望を聞かれた際、アニメに疎いせいで「一番人気のある方に頼んでください」と返答したという野田先生。ところが、実際には経歴に関係なく本当に杉元のイメージにピッタリな小林さんが起用されたと知り、スタッフの本気度を感じるとともに、そのときのそっけない自分の返答を恥じたそうだ。

 一方のアシ(リ)パ役については、オーディションの音源に「ウンコ」というセリフが入ったものが4つもあり、何十人ものウンコを聞かされているうちに投げやりになったことを暴露。しかし最終的に決定したキャストに寄せる野田先 生の信頼は厚く、メッセージの最後は「『ゴールデンカムイ』のアニメが小林様と白石様の経歴に花を添える作品になれたならば幸いでございます」と締めくくられた。

kamuy_005

 続いて行われたのは、原作に関する二択クイズ。1問目から順調に正解を重ねていく二人だったが、3問目で雲行きは怪しい方向に……。「白石(由竹)の異名は何か?」という問いに用意された選択肢は、「明治の脱糞王」と「明治の脱獄王」。答えは言わずもがなだが、小林さんから何かを期待するような視線を感じ取った白石さんは、ここであえて「明治の脱糞王」を選択するという行動にッ! クイズには外れたが、二人の息の合ったやりとりに会場からは笑いと拍手が沸き起こった。

kamuy_006

 クイズで盛り上がったあとは、原作コミックの公式サイト内にある“確定!本日のごちそう”診断にもチャレンジ。これは選択肢に答えていくと、そのときの気分に合った作中のグルメをお勧めしてくれるというもの。どんなグルメが出るのかウキウキしながら答えていく二人だったが、なんと結果は、罠に掛かった白石(由竹)……。すかさず白石さんからは、「お前じゃないんだ!」とツッコミが入っていた。

kamuy_007

 楽しい時間はあっという間に過ぎていき、最後は小林さんと白石さんから観客に向けてメッセージが贈られた。

白石さん:今日はたくさんの方に集まっていただき、本当にありがとうございます。原作ファンの皆さんにも楽しんでいただける作品に絶対しますので、心待ちにしていてください

小林さん:皆さんに満足していただけるように一生懸命頑張ります。TVアニメが4月に放送されますので、どうか楽しみにお待ちください。今日はどうもありがとうございました

 こうして大盛況のうちに幕を閉じた初のステージイベント。TVアニメの放送に向けて今後もさまざまな展開が用意されているので、情報を見逃さないようにッ!!

kamuy_008

作品概要

【イントロダクション】

 舞台は気高き北の大地・北海道!!
アイヌから奪われた金塊を巡る、生存競争サバイバル開幕ッッ!!!

 明治時代後期。“不死身の杉元”の異名を持つ日露戦争の英雄・杉元佐一は、ある目的のために大金を手に入れるべく北海道にいた。そこにアイヌから奪われた莫大な埋蔵金という、一攫千金のチャンスが舞い込む。埋蔵金は網走監獄に収監中の男によって隠匿され、24人の脱獄囚の身体に刻まれた刺青がその在り処を示す手がかりだという。

 そんな折、ヒグマの襲撃を受けた杉元を、ひとりのアイヌの少女が救う。名をアシ(リ)パというその少女は、埋蔵金を奪った男に父親を殺されていた。さらに杉元の動きに呼応するように、かねてより埋蔵金を狙って暗躍していた北の最強部隊・第七師団や刺青を背負う脱獄囚たちの動きも顕在化。果たして、雄大な北の大地を舞台に巻き起こった一攫千金サバイバルの行方は……!?

 原作は『週刊ヤングジャンプ』にて連載中の、野田サトルによる大ヒット漫画。既刊のコミックス1~11巻で累計350万部を突破し、マンガ大賞2016に輝いた実績も持つ、いまもっともアツい漫画である。

 TVアニメ化にあたっては、新進気鋭のスタジオ・ジェノスタジオのもとに難波日登志監督をはじめとする実力派スタッフが集結。埋蔵金を巡るアクション&サスペンスを軸に、狩猟、グルメ、歴史などの五感を刺激する多彩な魅力が炸裂する極上のエンターテイメントが、2018年4月、いよいよアニメーションとなって動き出す!

【キャラクター】

■杉元佐一(すぎもと・さいち)CV.小林親弘

 元大日本帝国陸軍第一師団の隊員。日露戦争で目覚ましい武功を上げ、そのときの鬼神のような戦いぶりから“不死身の杉元”と呼ばれる。彼を不死たらしめるのは、死地に活路を見出すことができる並外れた度胸と驚異的な回復力。

 除隊後、戦死した親友との約束を果たすべく、ゴールドラッシュに沸いた北海道へ。そこでアイヌの村から奪われた埋蔵金の存在を知り、精強を誇る陸軍第七師団や凶悪な脱獄囚を向こうに争奪戦を繰り広げる。

kamuy_009

■アシ(リ)パ CV.白石晴香

北の大地で杉元が出会った、アイヌの少女。和人の言葉を解し、山での暮らしや狩猟の知識に長けている。“新年”や“未来”を意味する名を与えられた自分を“新しい時代のアイヌの女”と称し、古い因習だけに囚われない現実的な考えを持つ。

 アイヌの埋蔵金を奪った人物に父親を殺されており、仇を討つべく優秀な戦士と認めた杉元と行動を共にすることに。彼女が危機に陥ると、エゾオオカミのレタ(ラ)がどこからともなく駆けつける。

kamuy_010

■白石由竹(しらいし・よしたけ)

 “脱獄王”の異名を持つ天才脱獄犯。収監されては脱獄する行為を繰り返してきたことから、いまや脱獄での懲役が元の罪で課せられた懲役を上回るほど。関節を自在に外すことができる特異体質の持ち主で、不意に拘束されたときの対策として釘や針金などの道具を身体のあちこちに忍ばせている。

 埋蔵金の在り処を示す刺青が刻まれた24人の脱獄囚のひとりだが、杉元たちと手を組んだほうが得策と見て、彼らの埋蔵金探しに協力する。

DATA
■『ゴールデンカムイ』

公式サイト:http://kamuy-anime.com/
Twitter:@kamuy_anime

ON AIR:
2018年4月より放送開始予定

STAFF:
原作=野田サトル
監督=難波日登志
助監督=川越崇弘
シリーズ構成=高木 登
キャラクターデザイン=大貫健一
メインアニメーター=羽山淳一
銃火器設定=渡辺浩二
プロップ設定=浅沼信也
動物設定=墨佳 遼
美術監督=森川 篤
色彩設計=茂木孝浩
撮影監督=戸澤雄一郎
CGディレクター=奥村優子/濱田康平
編集=定松 剛
音響監督=明田川仁
音響制作=マジックカプセル
アイヌ語監修=中川 裕
音楽=末廣健一郎
アニメーション制作=ジェノスタジオ
製作=ゴールデンカムイ製作委員会

CAST:
杉元佐一=小林親弘
アシ(リ)パ=白石晴香

©野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会
©野田サトル/集英社