『アトム ザ・ビギニング』お茶の水が語る天馬との出会いとは?

2017.05.20 <PASH! PLUS>

スタッフトーク番組が22時から生配信!

 TVアニメ『アトム ザ・ビギニング』第6話“7研壊滅す!”のあらすじ&先行カットが公開された。

atom_005

 どうすればお茶の水にアプローチできるか思案中の茂斗子。そんな時、第7研究室(ナナケン)からお茶の水が飛び出してくる。A106の修理を巡って天馬とケンカをしたのだ。

 天馬に腹を立てているお茶の水に第1研究室の茂理也が近づき、お茶の水をイチケンへと誘う。そんな状況を見ていた茂斗子は、お茶の水に「どうして天馬と一緒に研究をしているの?」と尋ねる。そこで、お茶の水は天馬との出会いを語り始めた……。

【スタッフ】
脚本=藤咲淳一
絵コンテ=畑 博之
演出=ありえゆうき
総作画監督=伊藤秀樹
作画監督=高橋和徳

atom_001

atom_002

atom_003

atom_004

atom_006

スタッフトーク番組が生配信

 本日5月20日22:00からスタッフトーク番組が生配信される。番組には佐藤竜雄監督、シリーズ構成藤咲淳一氏、本多史典アニメーションプロデューサーが登場し、アニメ設定資料や制作裏話を披露するとのこと。第6話はその後23:00~NHK総合テレビで放送!

配信URL:https://twitter.com/atomtb_anime ※Twitterのタイムライン上で視聴可能なライブ配信サービス“Periscope”で行われる。放送開始時間後に『アトム ザ・ビギニング』公式Twitter(@atomtb_anime)が番組ページをツイートするとのこと。

atom_007

DATA
■TVアニメ『アトム ザ・ビギニング』

公式サイト:http://atom-tb.com/
公式Twitter:@atomtb_anime

STAFF:
原案=手塚治虫
プロジェクト企画協力・監修=手塚 眞
コンセプトワークス=ゆうきまさみ
漫画=カサハラテツロー(「月刊ヒーローズ」連載)
協力=手塚プロダクション
総監督=本広克行
監督=佐藤竜雄
シリーズ構成=藤咲淳一
キャラクターデザイン=吉松孝博
メカデザイン=常木志伸、石本剛啓、宮崎真一
プロップデザイン=めばち、今橋明日菜、吉田大洋
総作画監督=伊藤秀樹
色彩設計=田中美穂
美術=加藤 浩
3DCG監督=菅野高明
モニターグラフィックス=青木 隆
特殊効果=村上正博
撮影監督=佐藤哲平
編集=本田優規
音響監督=岩浪美和
音楽=朝倉紀行
アニメーション制作=OLM×Production I.G×SIGNAL.MD

CAST:
天馬午太郎=中村悠一
お茶の水 博志=寺島拓篤
A106=井上雄貴
堤 茂理也=櫻井孝宏
堤 茂斗子=小松未可子
お茶の水 蘭=佐倉綾音
伴 俊作=河西健吾
伴 健作=飛田展男
ほか