『K SEVEN STORIES』津田健次郎、杉田智和が登壇した舞台挨拶オフィシャルレポート到着

2018.07.19 <PASH! PLUS>

 2018年7月より6か月連続で順次公開される、人気アニメ作品『K』シリーズの新作となる劇場アニメーション『K SEVEN STORIES』。7月8日新宿ピカデリーにて、その皮切りとなったEpisode 1「R:B ~BLAZE~」の舞台挨拶付き上映会が行われ、本イベントの公式レポートが到着。周防尊役の津田健次郎さん、宗像礼司役の杉田智和さんが見どころなどを語りました。

20180719_k_001

津田健次郎さん、杉田智和さんの舞台挨拶付き上映会レポート到着

 上映終了後、熱気冷めやらぬ劇場内に周防尊役の津田健次郎さん、宗像礼司役の杉田智和さんが登場すると、《赤の王》と《青の王》へ盛大な拍手と歓声が起こりました。

■全7作で劇場公開されると聞いた際の率直な感想
今回の「K SEVEN STORIES」のお話を聞いた際の率直な感想を訊かれると、 津田さんは「ずいぶん前に7本制作するというのは伺っていて、テレビシリーズの形で7話やるのかなと思っていたのですが、劇場で公開されると聞いて。Kのチームはやっぱりすごいことやるなとテンションが上がりました。とても嬉しかったです。」と感慨深くも大胆な取り組みに驚いた様子。

 杉田さんは冗談を交えながらも「(他にも劇場で何本も公開する作品はあるけれど)Kで7本行うということにすごく意味があると思いました。違った魅力や、ならではの面白さがきっと出てくると信じていました。」と熱く語りました。

■おすすめのシーン、お気に入りのシーン
 津田さんは「周防が十束にたしなめられるシーンなど、十束には癒されました。TVシリーズは十束が死ぬところから始まるので、周防、草薙、十束という《吠舞羅》の原点の3人が揃っていて、十束が元気で嬉しかったですね。」と懐かしむように笑顔で話し、杉田さんは「宗像の他者への接し方は周防と出会った前後でずいぶん変わるんです。

 宗像は冷徹なイメージがありますが、今回のEpisode 1では宗像の感情がすごく出ていて、まだ成長中な部分がある。成長しきった状態で憂うのではなく、そこから熱く燃え上がるものがあったのではと思います。」とテレビシリーズの過去にあたる本作の宗像の印象について触れました。

■アフレコ時のお話
 意外にも、鈴木信吾監督からは特に指示がなかったと話すお二人。キャラクターの演技作りについて聞かれると、杉田さんは「宗像は言葉を喋っていても真意がどこにあるのか、気持ちがどこに向いているのかわからない。」としながらも「どこに気持ちがあるかを意識すれば自然と宗像になった。監督の手腕や思い入れ、愛情はそのまま収録中の、そして公開される”画”の中に全部込められていた。」と作品そのものから思いを受け取っていた様子。

 そしてその”画”について、「あまりにも監督が何も仰らないのでシンプルに聞いてみたことがあるんです。どうしてKの”画”はこんなに綺麗なんですか?と。そしたら監督は「みんな頑張っているんです」と。アナログな努力によって成り立っていると知ったらそれはやる気出ます。」というエピソードを披露しました。

 津田さんは鈴木監督について「いつも穏やかでにこにこされている方。」と印象を語りながら、「7本作るというところでスタートしているからさすがに今回のKだけは白黒の線画(コンテ撮)でアフレコすることになるのかなと思いきや画が100%入っていました。これで芝居できなかったら言い訳は成り立たない、がんばろうという気持ちで臨ませていただきました。」とやはり作品から思いが伝わったことを語りました。

■クランズマンコール
 トークが盛り上がる中、《赤の王》と《青の王》が揃ったということで、Kでは劇中おなじみのセリフを会場のお客さんと一緒にコールするという嬉しい企画が!

 まずは津田さん演じる周防尊率いる赤のクラン《吠舞羅》のターン。津田さんが周防尊のセリフ「燃やせ」と言い放つと、会場のお客さんは「ノーブラッド!ノーボーン!ノーアッシュ!」と3回繰り返し、津田さんがそれを受け「ボー」と締めると会場からは拍手と笑いが。

 次に、杉田さん演じる宗像礼司が率いる青のクラン《セプター4》。杉田さんは少し間をあけて溜めてから、宗像礼司のセリフ「剣を以て、剣を制す、我らが大義に曇りなし。総員抜刀!」と号令をかけると、お客さんが「抜刀!」と返し、最後に杉田さんが「宗像、抜刀」と応えると客席からは感嘆の溜息が漏れました。

■最後にお客さんへのメッセージ
 惜しまれつつもそろそろ終了時間。最後にお二人よりメッセージが贈られました。「あっという間でした。宗像と周防のファーストコンタクトである公園のシーンは大好きなシーンなんです。上映できたのはみなさんの熱い思いのおかげです。ここからまたいろんなKが見られるので、また何回でも劇場に足を運んでKを応援していただけたらすごく嬉しいです。またお会いできるのを楽しみにしております。」(津田)

 「宗像は可能性を救えなかったり、受け止めきれなかったり、失ってしまったりすることの方が多いんです。失う、諦める、終わりにするというのは一見ネガティブな言葉なのですが、プラスの言葉に変えて未来に繋がることになって本当によかったと思います。未来に繋がったからこそ今回の7本のいろんなエピソードを選ぶ楽しみもある。今後も息の長い作品にしていきたいので作品ともどもよろしくお願いいたします。」(杉田)

 会場からは温かい拍手がおくられ、イベントは幕を閉じました。

 テレビアニメ第2期の放送が終了してから3年。ファンが熱く待ち焦がれ続けた「K」シリーズの新作は、全7部作で構成される劇場アニメーション「K SEVEN STORIES」として世に送り出された。ついに公開が始まり、その第1作目となるEpisode1「R:B ~BLAZE~」が現在公開中。《赤の王》と《青の王》の出会いのストーリーをぜひ劇場に足を運んでその目で作品を観てほしい。
 
 そして、6か月にわたって毎月異なるエピソードが公開されていく本作品の第2作目であるEpisode 2「SIDE:BLUE ~天狼の如く~」は、8月4日(土)より劇場公開がスタートする。全7作品すべてをコンプリートすればさらに深く「K」の世界に浸れることだろう。

20180719_k_002

20180719_k_003

20180719_k_004

20180719_k_005

20180719_k_006

 

DATA

【公開情報】『劇場アニメーション K SEVEN STORIES』
2018年7月7日(土)Episode 1 「R:B ~BLAZE~」
2018年8月4日(土)Episode 2 「SIDE:BLUE ~天狼の如く~」
2018年9月1日(土)Episode 3 「SIDE:GREEN ~上書き世界~」
2018年10月6日(土)Episode 4 「Lost Small World ~檻の向こうに~」
2018年11月3日(土)Episode 5 「メモリー・オブ・レッド ~BURN~」
2018年12月1日(土)Episode 6 「Circle Vision ~Nameless Song~」
各エピソード同時上映 Spin-off Short Movie「ザ・アイドルK」

■『K SEVEN STORIES Episode 1“R:B~BLAZE~”』
公式サイト:http://k-project.jpn.com/k7s_rb/

ROAD SHOW:2018年7月7日

STAFF:
原作=GoRA×GoHands
監督・キャラクターデザイン=鈴木信吾
シリーズ構成/脚本=GoRA
音楽=遠藤幹雄
主題歌=angela
アニメーション制作=GoHands
製作=k-7project

CAST:
周防 尊=津田健次郎
宗像礼司=杉田智和
草薙出雲=櫻井孝宏
十束多々良=梶 裕貴
矢俣大智=八代 拓 ※新キャスト
淡島世理=沢城みゆき
…他
※敬称略

【イントロダクション】
 ≪セプター4≫解散から一年余。肥大した≪吠舞羅≫が一部に暴走の兆しを見せる中、彼らを統率すべき≪赤の王≫周防尊は、己を蝕む王の力に苛立ちを強めていた。そんな彼の元に、新たな≪青の王≫誕生の報が届く。新王宗像礼司は、その手腕で瞬く間に≪セプター4≫を再建。混乱の元凶たる≪吠舞羅≫へと視線を向けた。王の宿命に苦しむ≪赤の王≫と、王の理想に燃える≪青の王≫。若き両王が出会うとき、新たな戦いの幕が開ける。

■『K SEVEN STORIES Episode2「SIDE:BLUE ~天狼の如く~」』
公式サイト:http://k-project.jpn.com/k7s_sb/

k001

ROAD SHOW:2018年8月4日

STAFF:
原作=GoRA×GoHands
監督・キャラクターデザイン=鈴木信吾
シリーズ構成/脚本=GoRA
音楽=遠藤幹雄
主題歌=angela
アニメーション制作=GoHands
製作=k-7project

CAST:
宗像礼司=杉田智和
善条剛毅=津田健次郎
楠原 剛=土屋神葉 ※新キャスト
羽張 迅=神谷浩史 ※新キャスト
塩津 元=前野智昭 ※新キャスト
淡島世理=沢城みゆき
伏見猿比古=宮野真守

【イントロダクション】
 《赤の王》と《青の王》の激突の果て、南関東に未曾有の被害をもたらした“迦具都事件”から十数年。事件を生き延びた男・善条剛毅は、新《青の王》宗像礼司率いる《セプター4》の片隅に所属している。自らの主に成り代わった男に対する不信を捨てきれない善条に対し、宗像は新入隊員・楠原剛に剣術の稽古をつけるよう依頼する。宗像は急増する異能者事件に対応するため、選抜部隊“特務隊”の新設を計画していた――。

■『K SEVEN STORIES Episode 3「SIDE:GREEN ~上書き世界~」』

公式サイト:http://k-project.jpn.com/k7s_sg/

k006

ROAD SHOW:2018年9月1日

STAFF:
原作=GoRA×GoHands
監督・キャラクターデザイン=鈴木信吾
シリーズ構成/脚本=GoRA
音楽=遠藤幹雄
主題歌=angela
アニメーション制作=GoHands
製作=k-7project

CAST:
比水 流=興津和幸
五條スクナ=釘宮理恵
御芍神 紫=森田成一
磐舟天鶏=大塚芳忠
平坂道反=名塚佳織
コトサカ=下野 紘

【イントロダクション】
 ユーザーに異能の力を与えるSNSアプリ《jungle》。五條スクナはそれを活用し、実家からの追っ手を振り切りながら生活していた。そのさなか、彼は《jungle》の創始者であり、《緑の王》でもある比水流と接触する。比水の語る“夢”に興味を惹かれたスクナは、最高位のランカーになり、比水に直接会う権利を獲得するため、最強の《jungle》ユーザーである御芍神紫に挑む。

■K SEVEN STORIES Episode 4『Lost Small World ~檻の向こうに~』
公式サイト:http://k-project.jpn.com/k7s_lsw/

k7s_001

ROAD SHOW:2018年10月6日

STAFF:
原作=GoRA×GoHands
監督・キャラクターデザイン=鈴木信吾
シリーズ構成/脚本=GoRA
音楽=遠藤幹雄
オープニング主題歌=angela『SURVIVE!』
エンディング主題歌=angela『Lost Small World ~檻の向こうに~』
アニメーション制作=GoHands
製作=k-7project

CAST:
伏見猿比古=宮野真守
八田美咲=福山 潤
大貝阿耶=小倉 唯
伏見仁希=三木眞一郎
伏見木佐=明坂聡美
周防 尊=津田健次郎
宗像礼司=杉田智和

【イントロダクション】
 中学で仲間外れにされていた八田美咲は一匹狼の同級生・伏見猿比古に興味を持つ。伏見の屈折した性格形成には空虚な家庭環境と、エキセントリックな父・仁希の影響があった。八田は持ち前の明るさとガッツで伏見との友情を築き、やがて伏見が心を許す唯一無二の存在となっていく。“小さな世界”でくすぶっていた、ただの中学生だった二人が、ドレスデン石盤の力が蠢く激動の世界へと足を踏み入れるまでの物語――。

■K SEVEN STORIES Episode5『メモリー・オブ・レッド ~BURN~』
公式サイト:http://k-project.jpn.com/k7s_mor/

K_ラフ_170112

ROAD SHOW:2018年11月3日

STAFF:
原作=GoRA×GoHands
監督・キャラクターデザイン=鈴木信吾
シリーズ構成/脚本=GoRA
音楽=遠藤幹雄
オープニング主題歌=angela『SURVIVE!』
エンディング主題歌=angela『BURN』
アニメーション制作=GoHands
製作=k-7project

CAST:
周防 尊=津田健次郎
草薙出雲=櫻井孝宏
十束多々良=梶 裕貴
櫛名アンナ=堀江由衣
八田美咲=福山 潤
鎌本力夫=中村悠一

【イントロダクション】
 十二月初め、《吠舞羅》の面々は紅一点である櫛名アンナの誕生日のための準備を始めていた。その裏で、新たに誕生した第七王権者《無色の王》が不穏な動きを見せる。《無色の王》が目を付けたのは、強大な力と破壊衝動を抱える周防のストッパーの役割を担っていた《吠舞羅》の幹部、十束多々良だった。アンナの誕生日前日の夜、十束は夜景を撮りに屋上へ向かう。そこで十束は《無色の王》に出会い、銃弾を撃ち込まれる。

■K SEVEN STORIES Episode 6『Circle Vision ~Nameless Song~』
公式サイト:http://k-project.jpn.com/k7s_cv/

K_ラフ_170112

ROAD SHOW:2018年12月1日

STAFF:
原作=GoRA×GoHands
監督・キャラクターデザイン=鈴木信吾
シリーズ構成/脚本=GoRA
音楽=遠藤幹雄
オープニング主題歌=angela『SURVIVE!』
エンディング主題歌=angela『Nameless Song』
アニメーション制作=GoHands
製作=k-7project

CAST:
伊佐那 社=浪川大輔
夜刀神狗朗=小野大輔
ネコ=小松未可子
謎の少年=村瀬 歩

【イントロダクション】
 それは、ささやかな祈りがもたらした光景だった。アドルフ・K・ヴァイスマンは愛する人々と食卓を囲み、八田美咲は仲間達と燃え立つような日々を過ごし、淡島世理は自身に課せられた任務に迷いなく精励し、五條スクナは眩い夢を追って戦場を駆ける。天空に浮かぶ、五本の《ダモクレスの剣》の下で。なにもかもが、いつか来た道。あるいは、どこにもなかった場所――。すべては、ささやかな祈りがもたらした、哀惜の光景だった。

■Spin-off Short Movie『ザ・アイドルK』

公式サイト:http://k-project.jpn.com/k7s_idol/

STAFF:
原作=GoRA×GoHands
監督/キャラクターデザイン=鈴木信吾
シリーズ構成/脚本=GoRA
音楽=遠藤幹雄
アニメーション制作=GoHands
製作=k-7project

CAST:
伊佐那 社=浪川大輔
夜刀神狗朗=小野大輔
周防 尊=津田健次郎
八田美咲=福山 潤
宗像礼司=杉田智和
伏見猿比古=宮野真守
比水 流=興津和幸
御芍神 紫=森田成一
…他
※敬称略

©GoRA・GoHands/k-7project

タグ