『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』上映劇場が追加。特典小説の配布も実施

2018.03.18 <PASH! PLUS>

 劇場版『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』の上映劇場が、4月21日より追加されることが決定した。

bungo_ma

 4月21日以降に上映が開始される劇場では、公開初週、2週目に配布された朝霧カフカさん、春河35さんによる書き下ろし小説が入場者特典として用意されている。なお本小説は、現在公開中の劇場での追加配布は予定されていない。

※予定数量に達し次第終了となる。
※一部劇場は除く。
※ご鑑賞者1名様につき1点。
※3月3日より公開中の劇場での追加配布はない。

bungo_001

追加上映劇場

[北海道]
・シネマアイリス(4月21日~)
・ディノスシネマズ旭川(順次公開)

[青森県]
・シネマヴィレッジ8・イオン柏(4月21日~)
・フォーラム八戸(4月21日~)

[岩手県]
・盛岡中央劇場(4月21日~)

[山形県]
・ソラリス・フォーラム山形(4月21日~)
・フォーラム東根(4月21日~)
・鶴岡まちなかキネマ(4月21日~)

[福島県]
・フォーラム福島(4月21日~)

[千葉県]
・成田HUMAXシネマズ(4月21日~)
・旭サンモールシネマ(5月5日~)

[埼玉県]
・ユナイテッド・シネマ ウニクス上里(5月5日~)
・イオンシネマ熊谷(5月12日~)

[栃木県]
・ユナイテッド・シネマ アシコタウンあしかが(5月5日~)
・小山シネマロブレ(5月19日~)

[新潟県]
・J-MAX シアター(4月21日~)
・T・ジョイ長岡(4月21日~)

[長野県]
・松本シネマライツ(4月21日~)
・アイシティシネマ(4月21日~)
・佐久アムシネマ(5月12日~)

[静岡県]
・静岡東宝会館(4月21日~)
・シネプラザサントムーン(5月12日~)

[愛知県]
・イオンシネマ名古屋茶屋(4月21日~)
・半田コロナシネマワールド(4月21日~)
・中川コロナシネマワールド(4月21日~)
・イオンシネマ岡崎(5月5日~)
・イオンシネマ常滑(4月21日~)

[岐阜県]
・大垣コロナシネマワールド(4月21日~)

[富山県]
・J-MAX シアターとやま(4月21日~)

[福井県]
・テアトルサンク(4月21日~)
・福井コロナシネマワールド(4月21日~)

[滋賀県]
・大津アレックスシネマ(4月21日~)

[和歌山県]
・ジストシネマ和歌山(4月21日~)

[岡山県]
・岡山メルパ(5月5日~)

[広島県]
・シネフクシネマモード(5月12日~)

[鳥取県]
・MOVIX日吉津(7月7日~)

[島根県]
・T・ジョイ出雲(4月21日~)

[山口県]
・MOVIX周南(5月5日~)

[愛媛県]
・ユナイテッド・シネマ フジグラン今治(5月5日~)

[福岡県]
・T・ジョイ久留米(4月21日~)

DATA
■『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』

公式サイト:http://bungo-stray-dogs.jp/
Twitter:@bungosd_anime

ROADSHOW:
2018年3月3日

STAFF:
原作=朝霧カフカ
漫画=春河35(「ヤングエース」連載)
監督=五十嵐卓哉
脚本=榎戸洋司
脚本協力=朝霧カフカ
キャラクターデザイン・総作画監督=新井伸浩
エフェクト作画監督=橋本敬史
メカニックデザイン=片貝文洋
プロップデザイン=金田尚美
サブキャラクターデザイン=菅野宏紀
美術監督=近藤由美子
美術監督補佐=熊野はつみ(KUSANAGI)
色彩設計=後藤ゆかり
撮影監督=神林 剛
CGディレクター=安東容太
編集=西山 茂
音楽=岩崎 琢
音響監督=若林和弘
音響制作=グロービジョン
主題歌オープニングアーティスト=GRANRODEO
主題歌エンディングアーティスト=ラックライフ
アニメーション制作=ボンズ
配給=角川ANIMATION
製作=文豪ストレイドッグスDA製作委員会

CAST:
中島 敦=上村祐翔
太宰 治=宮野真守
芥川龍之介=小野賢章
中原中也=谷山紀章
泉 鏡花=諸星すみれ
国木田独歩=細谷佳正
江戸川乱歩=神谷浩史
谷崎潤一郎=豊永利行
宮沢賢治=花倉洸幸
与謝野晶子=嶋村 侑
谷崎ナオミ=小見川千明
福沢諭吉=小山力也
森 鴎外=宮本 充
エリス=雨宮 天
織田作之助=諏訪部順一
坂口安吾=福山 潤
フョードル・D=石田 彰
澁澤龍彦=中井和哉

©2018 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグスDA 製作委員会