『キズナイーバー』キャラデザ米山氏インタビュー「日染にはモデルがいて、某有名人気ロックバンドの…」

2016.06.18 <PASH! 2016年7月号>

キズナのゲンバ!/キャラクターデザイン米山舞インタビュー

©TRIGGER・岡田麿里/キズナイーバー製作委員会

――キャラクターを作る上で大変だったのは?

 仁子の色ですかね…。全然決まらなくて、10パターンくらい作りました。オレンジや緑系のビタミンカラーで元気な感じ、というオーダーはあったんですけど、パーツが多いのでなかなか落ち着かず。ほかのキャラにない色を着けながら、全員と並べてバランスを見て、最終的には小林さんに選んでもらいました。仁子は色チェックのときに、誰にも正解が分からないんです…(笑)。あとは、制服も試行錯誤しましたね。あまりないデザインで、かと言って現実離れしすぎないものを三輪さんに作ってもらいました。三輪さんとはキャラごとに違う制服を着せたいねと話していて、細かい部分は私が決めたのですが、そこについても変更の指示はなかったので、かなり任せてもらったなと感じています。

――順調に進んだキャラは?

 由多と千鳥、天河ですかね。園崎もかな。このへんはまさに三輪さんが描くキャラって感じで、全然変わっていないし描きやすいです。日染も、三輪さんに仕上げてもらうまでは時間がかかりましたが、できてからはサラッとキャラ表も描けたので、私のほうで何かしたことは特にないです。実は彼にはモデルがいて…某有名人気ロックバンドのボーカルって言っていました。Tシャツのヨレ感とかが。自分でそうしてるつもりはないけど、ビジュアル系に見えるみたいな、カッコつけてるわけじゃなくてただボロい服なんだけど、どこかおしゃれに見えちゃう感じですね。

――反対に、養殖イケメンの由多は、私服も気合いが入ってますよね。

 由多と千鳥の私服には、「張り切っちゃった感じ」というオーダーがあったんです。特に千鳥は、服のセンスが中学生なんですよ…!(笑) 第4〜5話の合宿回でも、かわいいけど森に行く格好ではないという。第7話もなんですが、安いチェーン店で買ったみたいな、中学生が張り切ったようなオシャレなんです。一見まとまって見えるんですけど、リアルに考えたら「ん?」ってなるという。由多はイケてるんですけど、雑誌を読んで〝今これがカッコいい〟っていうトレンドをちゃんと勉強して着ました、って感じです。彼に関しては、小林さんと「胡散臭い好青年みたいな、靴下履いてないキャラにしようぜ」と言って盛り上がってこうなったんですよ。最終話の服装も、ぜひ注目していただければ!私服は、高校生で買えるような価格帯も気にしたデザインを前提に、谷口宏美さんに作っていただいてます。ただ穂乃香は、漫画家としての収入があったことを踏まえて、ブランドものっぽいバッグや質のいいシャツを着ています。スカートを穿かせたくないというオーダーもあったので、パンツスタイルです。

(PASH!7月号より一部抜粋)

続きは発売中のPASH!7月号(6月10日発売)で!

 

DATA

ON AIR:TOKYO MX・BS11・群馬テレビ・とちぎテレビ/毎週土曜日深夜11:30〜、ABC朝日放送/毎週土曜日深夜2:15〜、テレビ愛知/毎週火曜日深夜2:05〜

HP:http://kiznaiver.jp Twitter:@kiznaiver

©TRIGGER・岡田麿里/キズナイーバー製作委員会

STAFF:原作=TRIGGER・岡田麿里、監督=小林 寛、シリーズ構成・脚本=岡田麿里、キャラクター原案=三輪士郎、キャラクターデザイン=米山 舞、美術監督=野村正信(美峰)、色彩設計=三笠 修、撮影監督=田村 仁・山本弥芳(グラフィニカ)、編集=奥田浩史、音楽=林 ゆうき、音響監督=亀山俊樹、音響効果=倉橋裕宗、アニメーション制作=TRIGGER、OP=BOOMBOOM SATELLITES『LAY YOUR HANDS ON ME』、ED=三月のパンタシア『はじまりの速度』

CAST:阿形勝平=梶 裕貴、園崎法子=山村 響、高城千鳥=寺崎裕香、天河 一=前野智昭、由多次人=島㟢信長、牧 穂乃香=佐藤利奈、新山仁子=久野美咲、日染芳春=西山宏太朗、山田一直=諏訪部順一、漆原 睦=園崎未恵 ほか

関連商品

タグ