anime

『スモールフット』宮野真守さんインタビュー「ハッピーな雰囲気を楽しみながらもじっくりと考えられる深い作品だと思います」

2018.10.12 <PASH! PLUS>

 本日10月12日より全国公開された映画『スモールフット』より、吹き替えを担当するパーシー役の宮野真守さんよりインタビューが到着!本作の魅力や演じるうえで意識したことなどをうかがいました。

smallfoot2_001

パーシー役 宮野真守さんインタビュー

20181012_miya_002

——パーシー役のオファーは、どこに惹かれて受けたのでしょう?

 最初に物語や設定などをうかがって、斬新な世界設定がすごく面白いと思いました。いわゆる“スモールフット”はイエティ側から見た人間のこと。イエティの世界からすると人間は伝説の生き物なんですよね。とてもコミカルかつハッピーに物語が進み、音楽に合わせて気分がウキウキします。自然と心が温まる…イエティのモフモフにも温めてもらえるし(笑)。

 優しいお話だなと思いました。オーディションを受けた時、演じるなら、絶対にパーシーがよかったんです。顔が似ているので、自分の声がパーシーから出ることに何の違和感もないなと思ったし(笑)。パーシーの歌はとても素敵で、もし決まったら熱唱したいなとも思っていました。作品の中で、こうやってミュージカルのように歌うのはほぼ初めてなので、意気込みは充分でしたね。

——実は木村昴さんと早見沙織さんも、「パーシーと宮野さんはルックスが似ている」と言っていました。

 ここまで顔のパーツは中心に寄っていないと思うんですけどね(笑)。

——カークパトリック監督は、「パーシーは登場シーンで愛すべきわんぱく小僧の雰囲気がある」と語っています。宮野さんのなかで、役作りはどういう形で進めていきましたか?

 確かにわんぱく小僧の一面もありますが、ちゃんと大人で、経験を積んでいる人間でありたいと思いました。三流芸能人に成り果ててしまったパーシーは、自分の番組の視聴率が低迷している現状にすごく焦っているんです。わんぱくや無邪気さだけではなく、「ここで起死回生を狙うんだ」という大人の一生懸命さがパーシーにはあると思いました。

 アフレコではミーゴ役の木村さんが、とても可愛らしい純朴なお芝居をしていらっしゃったんです。監督のほうから「パーシーはミーゴよりも感覚的に大人でいい」というディレクションがありました。昔の栄光を取り戻すべくちょっと誠実さを失い、ヒットを目指してガツガツいくパーシーの人となりを鑑みると、僕もうまくいかない時期があったので、その気持ちがわかるんですよ。彼の必死さや、手段を間違えそうになる部分も人間らしいし、そこを僕なりに膨らませた結果、ミーゴとの対比になったと思います。

——吹き替えを担当して感じた難しさと、そのうえでのやりがいは?

 そこは、重なる部分があるんです。吹き替えは原音があるので、元の役者さんが演じていらっしゃる素晴らしい演技に寄り添って演じるのが、すごく楽しい。例えばシーンで言うと、ミーゴと初めて対面したパーシーは驚愕のあまり声が出なくなっちゃって、カスカスの声で「イエティ、イエティ…」と呟きます。その原音がすごく面白くて、練習用に家で見るたび大爆笑しちゃうし、練習しすぎて声が枯れてしまったんですけど(笑)。

 原音に合わせていくのは楽しいし、現場で披露したらスタッフの皆さんも喜んでくださって、うれしかったのですが、同時に難しくもあるんですよね。海外のCG作品は先にお芝居をされていて、その後に絵がついてると思うんです。だからお芝居が縦横無尽で、絵もそれに合わせてばっちり動くんですよ。特にパーシーはマシンガントークでテンションの起伏も激しいから、合わせていくのは体力勝負な側面がありました。一音も盛らしてはいけないと事前にかなり練習しましたし、テンション感もしっかり表現したいから、その作業は結構大変でしたね。

——もしイエティに会えたとしたら、どんなことをしたいですか?

 背中に乗せてもらえたらうれしいな(笑)。いろんなところに連れていってもらいたいです。

——「こんなイエティがいたらいいな」と思うのは?

 音楽が大好きなイエティですから、ライブをしてほしいかな。モフモフの毛も、腕の下に生えたらスターみたいですし(笑)。

——宮野さんも音楽活動をされていますが、パーシーとして歌う上で、気をつけたところはありますか?

 個性的にロックっぽく歌うパートもあれば、心情を吐露しているパートもあって、いろいろな表情を見せるんですよ。最初のラップは感情の起伏のままに声が揺れてもいいというディレクションもありましたし、割と流れに任せて収録しました。曲のなかで、いろいろなパーシーが見られると思います。

——景色は雪山ですが、心温まる物語です。宮野さん自身が、この作品から受け取ったものは?

 深く切り取ると、実は重い問題を内包している気がします。イエティと人間という描き方で未知の種族間の違いを表現しているから応援したくなるし、イエティが超人的な動きでコミカルさや温かさを出しています。でも内包しているメッセージ性は、自分と違うものをどう受け入れるか、どう相手を思うかだったりするんですよね。このハッピーな作品から、いろいろな壁を越えて対話してみようかなと思えるだけでも素敵なのかもしれないと、僕は感じました。ハッピーな雰囲気を楽しみながらもじっくりと考えられる、深い作品だと思います。

——今回はイエティが登場していますが、宮野さんはUMAという存在について、どう考えていますか?

 話がズレるかもしれませんが、僕はかなり怖がりで、オカルトやホラーがあまり得意じゃないんです。UMAが現実にいたら楽しいだろうとは思いますが…、小学時代に電気を暗くして友達が怖い話をするときも、暗闇に紛れて耳を塞いでいたくらい。明るくなったら「いや、別に怖くねーし!」みたいな(笑)。今回のイエティは可愛くてよかったです(笑)。

——最後に、本作を楽しみにしている人へメッセージを!

 吹き替えを担当するたびに、自分たちが声を当てていることが魅力になればいいなと思っています。もともと原音が素晴らしいですから、吹き替えで何がいちばんオススメできるのかと考えたら、この作品をリスペクトしながら演じたことだと思うんです。

 「吹き替えのほうがいいです」とは口が裂けても言えませんが、「吹き替えも面白いよね」と言っていただける芝居をしようと努めました。『スモールフット』は宮野とパーシーだけじゃなく、ミーゴが木村昴くんに見えてきます(笑)。このふたりがそっくりなだけでもうオススメできますから(笑)、僕らが伸び伸びとお芝居しているところを楽しんでいただければうれしいです。

20181012_miya_001

宮野真守さんが吹き替えを担当するスモールフット(=人間)のパーシーがダンスとラップを交えて熱唱する本編シーン公開中

 一度はブレイクしたものの、三流タレントに転落してしまったパーシーが再起への思いを必至に熱唱しており、お調子者ながら憎めないキャラクターがうががえる映像。また、映像の左下に表示されたワイプでは、宮野本人がパーシーと完全にシンクロし、もはや職人芸ともいえるパフォーマンスを披露! 本作のコミカルかつワクワクする雰囲気が詰め込まれ、本編シーンと宮野のパフォーマンスとで、一度で二度楽しむことのできる豪華な映像になっている。

DATA
■『スモールフット』

公式サイト:http://smallfoot.jp
公開:10月12日
劇場:新宿ピカデリー他
※US公開:9月28日

STAFF:
監督=キャリー・カークパトリック
製作=ボニー・ラドフォード、グレン・フィカーラ、ジョン・レクア
製作総指揮=ニコラス・ストーラー、フィル・ロード、クリストファー・ミラー、ジャレッド・スターン、セルジオ・パブロス、キャリー・カークパトリック

CAST:
チャニング・テイタム、ジェームズ・コーデン、ゼンデイヤ、コモン、レブロン・ジェームズ ほか
吹き替えキャスト:木村 昴(ミーゴ)、宮野真守(パーシー)、早見沙織(ミーチー)、立木文彦(ストーンキーパー) ほか

エンドソング:ナイル・ホーラン『Finally Free』

配給:ワーナー・ブラザース映画

©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.